【軸別】FPSにおすすめのゲーミングキーボードランキング4選!

 

FPSにおすすめの「赤軸」キーボード


赤軸でおすすめのゲーミングキーボードは、オウルテックのOWL-KB109CRE-BK

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20190921012221j:plain

価格は1万円以下で買えるお手頃感なのに、爽快な押しやすさが定評のキーボード。

Nキーロールオーバーにも対応しており、同時押しなどの押し間違いをしにくいのも特徴です。

テンキー付きなので普段使いにも最適ですよ。

Amazonページで詳細を見る

FPSにおすすめの「茶軸」キーボード

茶軸でおすすめのゲーミングキーボードは、キングストンのHyperX Alloy FPS HX-KB1BR1-NA/A3です。

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20190921012355j:plain

多くのプロゲーマーも御用達のキーボードで、テンキー付きなのにも関わらずコンパクトサイズが使いやすいです。

本体が重くすべり止のグリップ力もあるので、プレイ中にズレることなく快適ですよ。

 Amazonページで詳細を見る

FPSにおすすめの「青軸」キーボード

カチカチという押し感が好みの方は「青軸」を選びましょう。

特におすすめなのが、North CrownのP-1000というキーボードです。

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20190921012533j:plain

10キーなしのため横幅は非常にコンパクト。狭いデスクでもマウス操作の領域を多く取ることができます。

注意点としては、キーボード本体がアルミ製なので音が反響しやすいです。配信やボイチャを多用する方は音を拾ってしまうことがあるのでご注意ください。

 Amazonページで詳細を見る

総合的に見ると軸を選べるロジクール「G913」が圧勝!

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20190919222352j:plain

ロジクール「G913」は2019年8月29日に発売されたゲーミングキーボードの最新モデル。

最近はゲーミングチームの「DETONATOR」とストリーミング契約をしたことでも話題になり、9/14・15に開催された東京ゲームショウTGS)でも実際に使用されていましたね。

 

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20190919221435j:plain

 「G913」は冠名に「9」が付いていることからも分かる通り、前作の「G910」以来4年ぶりの発売となるロジクールの最上位モデルです。

尚、同時に発売された「G813」の上位モデルとしての位置づけ。 「G913」と「G813」の違いをざっくりと説明すると、

  • 「G813」が有線タイプ
  • 「G913」が無線タイプ

というのが大きな違いです。 あとはG913の方が若干アルミの質感高いというのもG813と異なる点です。

G913はワイヤレステクノロジーLIGHTSPEED」を採用

G913にはロジクールが誇るワイヤレステクノロジーLIGHTSPEED」が採用されており、無線にも関わらず遅延をほぼ感じない操作性を実現しています。

バッテリーの持ちも非常に良く、連続使用時間は約30時間。

キーボードの文字盤が光る「LIGHTSYNC RGB」をOFFにすることで、さらに長く連続使用時間を伸ばすことも可能です。

G913は日本語表記の日本配列キーボード

「G913」は日本語表記の日本語配列。 私のように「US版のキーボードは(エンターキー部分が)苦手」という方におすすめです。

赤・青・茶3つのスイッチタイプから選べる

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20190919221503j:plain

 「G913」のスイッチタイプは3種類あり、自分の好きな「軸」を選ぶことが可能です。

リニアスイッチ

般的な「赤軸」タイプで、とにかくキーストロークが軽く静音なのが特徴的。

ボイスチャットやゲーム実況など、キーボードのカタカタ音を拾うのが嫌な人はこのリニアスイッチがおすすめです。

タクタイルスイッチ

一般的な「茶軸」タイプと同等。軽さは中間の位置にあり、キーを押すと若干カチカチ音がします。

クリッキースイッチ

一般的な「青軸」と同等のタイプで、カチカチ音が最も大きいのが特徴です。

キーの「押した感」を求める方はこのクリッキースイッチがおすすめですが、慣れていない方は慣れるまでに少し違和感を感じるかもしれません。

LIGHTSYNC RGB搭載なので鮮やかなイルミネーション

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20190919221524j:plain

 私がロジクール製品を選ぶ理由の一つに「LIGHTSYNC RGB」があります。 これはキーの文字列を様々なカラーで演出してくれる機能で、イルミネーションの流れ方や配色などを自由にカスタマイズ出来ます。

更に「ゲーミングマウス」「ゲーミングヘッドセット」「ゲーミングマウス」をLIGHTSYNC RGBで揃えていると、3つすべてのデバイスでイルミネーションを同期することも可能。

ゲーム中はあまり気にしないかもしれませんが、e-SPORTSの雰囲気を味わうにはおすすめの機能です。

G913のボタン(キー)を解説

G913に配置されているキーには、特徴的なものがいくつかあるので紹介したいと思います。

モード切替スイッチは3つ

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20190919221541j:plain

 左上部にはM1~M3の「モード切替」スイッチがあります。

これは設定プロファイルを変えてキーをカスタマイズできる機能で、予めキーを記憶しておくことで、ボタンひとつでプログラムごとにキーボード設定を呼び出すことができます。

例えば「ゲーム用」「仕事用」「ブラウジング用」など、用途に応じて設定が可能です。

ショートカット登録は5種類

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20190919221559j:plain

 左にはG1~G5のボタンが縦に並んでおり、このボタンはショートカット登録用として使えます。 Gキーにはマクロも登録できるので、ゲームだけでなく動画編集やビジネスシーンでも使えます。 上で紹介したモード切替と併せて使うことで、3×5=15通りの組み合わせが可能となります。

中央部には4つのボタン

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20190919221623j:plain

 キーボード中央の上部に並んでいる4つのボタンは、左から「①ライトスピード」「②ブルートゥース」「③ゲームモード」「④照度切り替え」の機能があります。

①ライトスピード

キーボードをワイヤレスで使う機能で、デスクトップパソコンに付属のUSBレシーバーを差し込み、このボタンを押すだけで無線キーボードとして使うことができます。 尚、付属品には有線ケーブルも付いていますので、USB接続をして有線キーボードとしても使えます。

ブルートゥース連携

ノートPCやタブレットなど、ブルートゥースのキーボードが接続可能な機器と接続するためのボタンです。 G913は本体が薄く非常に軽量なので持ち運びにも便利。外出先でもストレスなく使えることができます。

③ゲームモードボタン

動きが激しいゲームなど、ゲーム中に誤って画面を最小化してしまったり、画面を閉じてしまうという事故を防止するボタンです。 このボタンを押しておくことでゲーム画面を固定することができるので、不慮の事故を防ぎます。

④照度切り替えボタン

キーボードの明るさを切り替えるボタンで、1回押すごとに少しずつ照度が落ち、4段階で好みの明るさに切り替えることが可能です。 暗い部屋など、キーボードの照明が眩い時などに活躍するはずです。

メディアコントロールボタンが超便利!

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20190919221647j:plain

 キーボードに右側には5種類のメディアボタンが付いています。

音楽やビデオの再生・停止・スキップ・ミュートなどを素早く行うだけでなく、上部に付いている横長のダイヤルで音量の微調整も可能です。

右手ですぐに届きやすい位置に配置されているので、簡単に操作ができます。

キーストロークが浅く瞬時の判断を要するゲームに最適!

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20190919221703j:plain

 G913の特徴はなんと言っても本体「薄さ」 475mmの幅広ボディなのにも関わらず、厚みはわずか22mmしかありません。

キー部分は「ロープロファイルスイッチ」と呼ばれ、非常に薄く作られています。 そのためキーストロークが浅くストローク深度が2.7mm、アクチュエーションポイント1.5mmと軽いタッチでもしっかりと反応します。

慣れるまで少し大変かもしれませんが、瞬時の判断が求められるFPSなどに最適ですよ。

Amazonページで詳細を見る

ロジクール「G913」愛用者の口コミ

とにかく薄くてかっこいい。作りもしっかりしていて全体的にまとまっているキーボードです。打鍵感も良く誤爆もほとんど無いのでFPSに最適だと思います。

MNOにも使えるので重宝しています。

--

本体がアルミの質感でいい感じ。メインキー以外のボタンはゴム製で押下感が違うのがわかりやすくていいと思います。

私は赤軸を選んだのですが、カチカチ感が少し足りないかな?と思います。間を取って茶軸にすれば良かった。

--

横幅があるキーボードなので、デスクが狭いとマウスの可動域が狭まるので注意が必要です。マニュアルが付いていませんでしたが、直感で何とかなりました。

LEDの発色がキレイで部屋を暗くするとよりイルミネーションを実感できます。

--

無線なのに遅延がなく、ほぼ有線と変わりない反応速度で満足しています。厚みが22mmなのでリストレストがなくても手首が痛くなることはありません。

アルミの質感も心地良いので気に入っています。

 

9月のアプデでぶっ飛んだから俺のアフィリサイト晒す

2019年の1月からアフィリを初めて約9ヶ月。

 

9月末のGoogleアップデートをモロに直撃してしまい、アクセスは激減。

 

もはやこのサイトを立ち直らせる気力も無くなったので、全て晒して闇に葬ろうと思う。

出会い系のアフィリを始めたきっかけ

俺がアフィリを始めたのは2019年の1月。

 

「1年の計は元旦にあり」ということで、年始早々に俺が立てた目標が

 

「サイトアフィリで月100万円を目指す」だった。

 

サイトアフィリを初めるにあたり重要になってくるのが「ジャンルの選定」

 

ジャンルの選定を誤ってしまうと、アクセスが集まらない=稼げないという結果になってしまうので慎重に選ぶ必要がある。

 

ただ俺はジャンル選びに苦労しなかった。

 

アフィリエイトのジャンル選びに必要になるのは市場規模とか検索ニーズの多さとか色々あるけど、結局のところ「自分が書きやすいジャンル」これに尽きる。

 

どんなに市場がでかくても、自分が書いていて苦痛であれば長続きがしない。

 

俺は過去の経験からこの事を重々承知していた。


ちなみに今回は

 

 

「新サイトのジャンル選び何にしよう・・・・出会い系しかないか!(約5秒)」

 

 

てな感じでほぼ即決w

 

俺は自慢じゃないが興味があることは「エロ」のみ。

 

ファッションとか、ギャンブルとか、釣りとかゴルフとか・・・一般的な趣味には全く興味がない。


「エロ」これしか興味がないので、自分で記事を書くとすると自ずとジャンルが決まった。


出会い系サイトのアクセス数推移

2019年に俺が立ち上げた出会い系のサイトはコレ↓

出会い系ブログ【PCMAXでセフレを作った体験談】

何ともそそるタイトルだと思わないか?

 

ぶっちゃけ俺は20代の頃から約20年近く「出会い系サイト」を使っていて、控えめに言っても「出会い系マスター」だと自負している。

 

これまで出会い系サイトを使って会ってきた女性の数は軽く200人を超える。

 

そんな俺の経験を後世に伝えるため、少しでも参考になればと体験談形式でブログを書いていた。


アクセスの推移を一覧表にするとこんな感じ。

2019年のPV(ページビュー)数

1月 50

2月 123

3月 1806

4月 6905

5月 19314

6月 22341

7月 40350

8月 64501

 

と、毎月少しずつだがページにアクセスする人も増えてきて、僅かではあるがブログの「ファン」も付いてきた。

 

このブログの収益源の大半は、俺がいつもお世話になっている「PCMAX」

 

俺のサイト経由で誰かがPCMAXに登録すれば、俺に1件あたり3,000円の報酬が入ってくる。

 

なんてシンプルなビジネスだろう。

 

しかも、俺は何一つ難しいことをしていない。

 

ただ、PCMAXを使って俺の成功体験や失敗談などを100%ノンフィクションで書き記しているだけだ。

 

これだけで毎月お金が入ってくるんだから笑いが止まらない。

 

・・・・と、調子に乗っていた矢先に悪夢はやってきた。

 

そして、俺の笑いも止まった。


出会い系サイトからの収益をまとめてみた

俺のブログからPCMAXの登録をしてもらうと1件3,000円(しかも全承認)という美味しい案件。

 

つまり、月に10人が登録すると3万円。100人登録すると30万円が入ってくる。

 

たった100人紹介するだけでサラリーマンの月収と同額の報酬を頂けるので、本当にアフィリエイトは美味しいビジネスだと思う。

 

俺の出会い系ブログからの収益をまとめるとこんな感じ。


2019年出会い系ブログからの収益

1月 0円

2月 3000円

3月 12000円

4月 15000円

5月 33000円

6月 93000円

7月 189000円

8月 324000円


アクセス数の推移が増えるのと比例し、売上報酬額も毎月増えてきているのが分かると思う。

 

ちなみに、出会い系ブログの最も稼げる時期は「12月」と言われている。

 

特に秋から冬は男女問わず人肌が恋しくなる時期。加えてクリスマスやお正月などのイベントも続くので、独り身の人は「今年こそは!」となりふり構わずにパートナーを探す。

 

もちろん、出会い系サイトの存在意義は、純粋に彼女や彼氏を作るためだけではない。

 

特に男性に多いのが「ワンナイトラブ」

 

言葉は悪いが、簡単に言うと「1回だけヤれる女を出会い系で漁る」こんな野獣が多いので俺のようなアフィリ管理者は冬になると懐が暖かくなる。

 

1月から立ち上げたサイトが順調に売上を伸ばし、最も稼げる12月をあと2ヶ月後に迫ったある日。自分の目を疑うような事件が起きた。

Googleアップデートにより出会い系ブログが撃沈

Googleアップデートは突然やってくる。

 

しかも年に4回という非常に早いスパンでやってくる。

 

色んなアフィリエイターのTwitterを見ていると、今回は「車関係」「健康・医学」「金融・法律」が特に影響を受けたようだ。

 

しかし、なぜかその波に巻き込まれ、おれの出会い系ブログもひっそりと被爆していた・・・

 

特に9月13日以降からのアクセス減が顕著で、もはや立ち直りができないほど急激にアクセス数が減った。

 

これまで上位表示していた「セフレ」や「出会い系」というミドルワードでも軒並みダウン。

 

これまでアフィリエイトをやってきた経験上、ここまで大きな打撃を受けたサイトに残された運命は・・・

 

「サイトを捨てる」

 

これしか残されていないのだ。

 

というわけで次のドメインの更新タイミングでこのサイトは永遠に闇に葬るつもりだ。

 

出会い系ブログ【PCMAXでセフレを作った体験談】

もちろん、記事の移植は考えていないので、俺の赤裸々な体験談を読むならドメインが生きている今のうちだ。

 

アップデートの影響は受けたが、このサイトの記事には俺がこれまで出会い系で体験してきた全てが詰まっている。

 

ワンピース風に言うと、

 

「俺の出会い系ノウハウか?欲しけりゃくれてやるぜ・・・探してみろ 俺の青春全てをそこに置いてきた」

f:id:i5now_jeans55ahead_accidentyahoo:20191002010348j:plain

 

これから出会い系アフィリを初める方や、出会い系で色んな女をパコパコしたい男性諸君は是非参考にして欲しい。